1. TOP
  2. FAQ
  3. エラー・トラブルへの対応

FAQ

エラー・トラブルへの対応

FAQ一覧

【ICカード・ICカードリーダ】

1. PIN番号の入力を誤った場合、ICカードは失効またはロックされますか。
ICカードの仕様については、ご利用の認証局へご確認ください。
2. 参加中の案件で使用していたICカードが紛失、破損、PIN番号の入力誤りによる閉塞等により使用できなくなった場合の対処方法を教えてください。
案件の継続方法は電子入札運用基準を参照のうえ発注者へご確認ください。
使用できなくなったICカードの対処方法についてはご利用の認証局へご確認ください。

 

【電子入札システム】

1. 申請書等の画面で「提出内容確認」/「提出」ボタンのクリック後、「APPLET-CRITICAL-(数字-19999)-実行エラーが発生しました。」と表示されます。
APPLET-CRITICAL-(数字-19999)-実行エラーが発生しました。
原因として下記の2つが考えられます。
1. 大容量(2MB超)のファイルを添付可能にする追加設定が行われていない。
2. 端末が一時的に不安定になっている。

<対処方法>
1. 大容量ファイルが添付不可となる場合の追加設定についてを参照し、設定を行ってください。
2. Javaキャッシュクリア」と「ブラウザキャッシュクリア」を行い、端末再起動後に再度操作を行ってください。

現象が改善しない場合は、Javaパラメータの設定が電子入札システムで有効となっていない、またはJavaと認証局から提供されているソフトが正常に動作していないことが原因として考えられます。
認証局提供ソフトの動作状況についてご利用の認証局へご確認ください。

<添付ファイル利用時の注意事項>
ファイルパスに日本語や記号を含んだ場合、申請書等の提出時や発注者側での添付ファイル確認時にエラーが発生する可能性があるため、半角英数字のみの利用を推奨しています。
詳細は使用文字に関する注意点をご確認ください。
2. 申請書等や入札書/見積書の提出時の各画面で添付したファイルを確認するため、「表示」ボタンをクリックしましたが、表示が行えません。
原因として下記の3つが考えられます。
1. ダウンロード防止機能が動作している。
2. 「表示」ボタンをクリックする前にファイルパスを選択していない。
3. ファイルパスに電子入札システムで使用できない文字を使用している。

<対処方法>
1. 電子入札システムご利用端末の設定と確認」を参照し、設定を行ってください。
2. ファイルパスを選択したうえで「表示」ボタンをクリックしてください。
3. 電子入札システムで使用できない文字や、漢字などの全角文字をファイルパスに使用した場合は提出が完了しない、または発注者がファイルを開けない現象が発生する場合があります。
詳細は「使用文字に関する注意点」をご確認ください。
なお、ファイルパスには半角英数字のみを利用することを推奨しています。
上記、1~3の見直し後も現象が改善しない場合は、電子入札システムの制限事項に該当します。
ファイルは添付を行う前にファイルの保存先でご確認のうえ、添付してください。
なお、電子入札システム上での表示ができない場合でも提出操作を行うことは可能です。
3. サーバと通信中ダイアログが表示されたまま、次の画面が開きません。
端末が一時的に不安定になっていることが考えられます。

<対処方法>
Javaキャッシュクリア」と「ブラウザキャッシュクリア」を行い、端末再起動後に再度操作を行ってください。
端末再起動後も現象が改善しない場合は、サーバと通信中ダイアログが表示された状態(画面が遷移しない状態)のまま、10分程度お待ちください。
10分程度経過後も現象が改善しない場合は、端末の動作異常や環境不備、回線の混雑等が考えられます。別端末での操作や時間をずらして、再度操作を行ってください。
端末や社内ネットワーク環境のご確認につきましてはシステム管理者へご確認ください。
確認後も現象が改善しない場合は、ヘルプデスク(03-3505-0514)へお問合せください。
4. 入札書/見積書/辞退届の提出ボタンが表示されません。
入札書や見積書及び辞退届の提出には下記4つの条件を満たす必要があります。

1. 参加中の案件において下記の通知書/受付票を受理している。
 (1)一般競争(標準型)     :資格有りの競争参加資格確認通知書
 (2)一般競争(施工計画審査型) :資格有りの競争参加資格確認通知書
 (3)一般競争(同時提出型)   :競争参加資格確認申請書受付票
 (4)一般競争(簡易確認型)   :競争参加資格確認申請書受付票
 (5)一般競争(段階選抜型)   :技術提案採否結果通知書
 (6)簡易/公募型競争(総合評価):技術提案書受付票
 (7)簡易/公募型競争(価格競争):指名通知書
 (8)公募型指名競争       :指名通知書
 (9)工事希望型競争       :指名通知書
 (10)簡易/公募型プロポーザル  :見積依頼通知書
 (11)標準プロポーザル      :見積依頼通知書
 (12)通常型指名競争       :指名通知書
 (13)随意契約          :見積依頼通知書

なお、(3)一般競争(同時提出型)は技術資料等の提出後に入札書画面へ遷移します。
(12)通常型指名競争と(13)随意契約は入札(見積)書提出前に受領確認書の提出が必要です。

2. 入札書/見積書受付期間中であり、入札書/見積書/辞退届の提出前である。

3. 参加中の案件で使用したICカードを使用する。
  (ICカード変更承諾申請書を発注者へ提出した場合は変更後のICカードを使用する。)

4. 発注者により入札(見積)締切操作が行われていない。
5. 申請書等の画面で「提出内容確認」/「提出」ボタンのクリック後、「APPLET-ERROR-(数字-10020) 指定された添付資料が見つかりません。」と表示されます。
APPLET-ERROR-(数字-10020) 指定された添付資料が見つかりません。
原因として下記の2つが考えられます。
1. 信頼済みサイトの設定が行われていない。
2. ファイルパスに日本語や記号を含んでいる。

<対処方法>
1. 電子入札システムご利用端末の設定と確認の「3.2 ダウンロード防止機能への対応方法」を参照し、設定を行ってください。
2. ファイルパスに日本語や記号を含んだ場合、申請書等の提出時や発注者側での添付ファイル確認時にエラーが発生する可能性があるため、半角英数字のみの利用を推奨しています。
詳細は使用文字に関する注意点をご確認ください。
6. 申請書等の画面で添付資料を追加したところ、ファイルパスが「C:\fakepath…」と表示されます。
ファイルパスが「c:¥fakepath・・・」と表示されます
信頼済みサイトの設定が行われていないことが考えられます。
電子入札システムご利用端末の設定と確認の「3.2 ダウンロード防止機能への対応方法」を参照し、設定を行ってください。

<添付ファイル利用時の注意事項>
ファイルパスに日本語や記号を含んだ場合、申請書等の提出時や発注者側での添付ファイル確認時にエラーが発生する可能性があるため、半角英数字のみの利用を推奨しています。
詳細は使用文字に関する注意点をご確認ください。
7. 提出内容確認ボタンをクリック後、「ファイルのサイズが大きすぎます。サイズの小さいファイルを添付して、再度処理を行ってください。」と表示されます。
ファイルのサイズが大きすぎます。サイズの小さいファイルを添付して、再度処理を行ってください。
添付ファイルの容量が規定の添付資料容量を超過しています。
調達案件概要画面や入札説明書等を参照のうえ、規定の添付資料の容量以内のファイルを添付してください。
調達案件概要画面の確認手順は操作マニュアル(15)共通操作「4.1.1.1. 調達案件概要を確認するには?」をご参照ください。
8. 「入札書提出」ボタンのクリック後、「サーバ混雑の為、送信できませんでした。」と表示されます。
サーバ混雑の為、送信できませんでした。
電子入札システムのサーバが混雑しているため、入札書を提出できない状態になっています。
画面に表示されているメッセージに沿って再度操作を行ってください。
9. 電子入札システムで画面を表示したまま放置したところ「ログインされていないかセッションタイムアウトしました。セッションから必要な情報を取得できませんでした。」と表示されました。
ログインされていないかセッションタイムアウトしました。セッションから必要な情報を取得できませんでした。
電子入札システムのサーバへ最後に通信を行ってから1時間以上、操作をしなかった場合に表示されるメッセージです。
ブラウザ再起動後に再度操作を実施してください。
10. 申請書等画面で「E-Mailにはa~z,A~Z,0~9,.,-,@,_の文字を入力して下さい。」と表示されます。
「連絡先E-Mail」に全角文字やメッセージ以外の記号等を使用していることが考えられます。
申請書等画面の「連絡先E-Mail」には半角英数字や指定の記号を入力してください。

なお、参加中案件の連絡先を変更できる企業プロパティ画面でも同様です。
11. 電子入札システム上で保存した通知書や受付票等を電子入札システム用の端末で開いても正しく表示されません。
保存した通知書や受付票を正しく表示するためには保存データ表示ツールが必要です。

 

【利用者登録】

1. 利用者登録/利用者変更/ICカード更新を実施しましたが「利用者登録のお知らせ/利用者変更のお知らせ/ICカード更新のお知らせ」メールが届きません。
原因として下記の3つが考えられます。
1. 登録したメールアドレスに誤りがある。
2. 本運用(枠が青色の画面)ではなく、接続確認(枠が緑色の画面)で利用者登録を実施した。
3. ご利用のメールサーバ等の設定によりメールの受信に制限がかけられている。

<対処方法>
1. 利用者変更画面で連絡先メールアドレスに誤りがないかご確認ください。
2. 接続確認ではお知らせメールが送信されません。
3. システム管理者へご確認いただき、メールサーバ等の設定を見直してください。

なお、電子メールの性質上、利用者が契約するプロバイダーなど経由する回線の混雑・不具合から遅延や欠落が発生する場合があることを予めご理解ください。
2. PIN番号を入力後、「OK」ボタンをクリックすると赤文字で「ログインに失敗しました。挿入されているICカードは利用者登録されていません。」と表示されます。
ログインに失敗しました。挿入されているICカードは利用者登録されていません。
挿入されているICカードは利用者登録の操作が未実施です。
電子入札システムをご利用いただくには利用者登録の操作が必要です。
操作手順については、利用者登録操作マニュアルをご参照ください。
3. 利用者登録画面/利用者変更画面で「連絡先メールアドレスにはASCII文字を入力してください。」と表示されます。
連絡先メールアドレスにはASCII文字を入力してください。
メールアドレスに全角の文字等を使用していることが考えられます。
半角英数や記号等を入力してください。

 

【説明要求】

1. 説明要求/検証機能をクリック後、「for input string」と表示されます。
原因として、下記の3つが考えられます。
1. 時刻表示画面で時刻表示された後、すぐに操作をしている。
2. ダブルクリックをしている。(電子入札システム上での操作は全てワンクリックです)
3. 連続操作を行っている。(電子入札システム/利用者登録の切替等)

<対処方法>
1~3. 端末再起動後に、再度操作を行ってください。
端末再起動後も、現象が改善されない場合は、「Javaキャッシュクリア」と「ブラウザキャッシュクリア」を行い、端末再起動後に再度操作を行ってください。
2. 入札説明書・案件内容に対する質問内容画面の「入力内容確認」/「戻る」ボタンをクリックしても画面が動きません。
Internet Explorerの互換表示設定が未設定であると考えられます。
電子入札システムご利用端末の設定と確認の「3.3 画面崩れ表示への対応方法」を参照し、設定を行ってください。
3. 発注者が登録した回答添付資料画面で「表示・保存」ボタンをクリック後、「ファイルを選択してください」と表示されます。
添付資料のファイル名をクリックして、ファイル名を青く反転させてから「表示・保存」ボタンをクリックしてください。

なお、ファイル名が複数の場合はファイル名毎に操作を行ってください。
4. 発注者が登録した回答添付資料をクリックしてもファイル名が青く反転しません。
Internet Explorerの互換表示設定が未設定であると考えられます。
電子入札システムご利用端末の設定と確認の「3.3 画面崩れ表示への対応方法」を参照し、設定を行ってください。

 

【入札説明書等ダウンロードシステム】

1. 調達案件一覧画面で掲載文書一覧の「表示」ボタンをクリック後、ダウンロード文書一覧表示画面が一瞬で閉じてしまいます。
Internet Explorerのポップアップブロック機能が動作していることが考えられます。
電子入札システムご利用端末の設定と確認の「3.1 ポップアップブロック機能対応方法」を参照し、設定を行ってください。
2. 調達案件一覧画面で掲載文書一覧の「表示」ボタンをクリック後、「すでにログインされています。」と表示されます。
すでにログインされています。
当該事象は、「ダウンロード文書一覧表示」画面を閉じる際、画面右上の「×」で閉じることで発生します。
「すでにログインされています。」と表示されている画面右上の「Logout」をクリックして画面を閉じ、改めて掲載文書一覧の「表示」ボタンをクリックしてください。

※ 「ダウンロード文書一覧表示」画面を閉じる場合は、必ず画面下にある「閉じる」ボタンを使用してください。
3. 調達案件一覧画面で掲載文書一覧の「表示」ボタンをクリック後、「指定した案件情報は未登録です。」と表示されます。
指定した案件情報は未登録です。
該当の電子入札システム案件に対する案件情報がダウンロードシステムに登録されていないことが考えられます。
文書の取得方法を、案件の発注者へご確認ください。
4. 調達案件一覧画面で掲載文書一覧の「表示」ボタンをクリック後、「指定した案件には、文書が登録されていません。」と表示されます。
指定した案件には、文書が登録されていません。
文書の公開前、または文書の登録が行われていないと考えられます。
文書の取得方法を案件の発注者へご確認ください。
5. ダウンロード文書一覧表示画面で一括ダウンロードファイルや、個別ダウンロードファイルのファイル名称に下線がなく、クリックしても文書をダウンロードできません。
ダウンロード文書一覧
発注者が設定した文書公開期間が経過しています。
文書公開期間等の詳細と、文書の取得方法を案件の発注者へご確認ください。

 

【事前準備】

1. LDAP通信確認の接続確認先アドレスへ接続したところ「ページが表示されません」と表示されます。
接続確認先アドレスの始めを数字の「1」で入力していることが考えられます。
アルファベット「L」(エル)の小文字を入力してください。
2. LDAP通信確認の接続確認先アドレスへ接続したところ「指定されたディレクトリ サービスに接続できませんでした。サービスが使用できないか、サーバー名が正しくない可能性があります。」と表示されます。
指定されたディレクトリ サービスに接続できませんでした。サービスが使用できないか、サーバー名が正しくない可能性があります。
インターネット環境におけるLDAPを用いた通信プロトコルの接続ができていない場合に表示されるメッセージです。
ファイアウォール、ルータ等のネットワーク機器でLDAPの通過を許可しているか、社内、部署内等に設置されたDNSサーバでの名前解決が正しく行われているかなどについて確認が必要です。
ネットワーク管理者との調整を実施後に再度、接続をご確認ください。

<接続確認先アドレス>
・政府認証基盤(GPKI)ブリッジ認証局
ldap://dmz-dir.gpki.go.jp/OU=BridgeCA,O=Japanese Government,C=JP
・ご利用の認証局
接続先アドレスについてはご利用の認証局へご確認ください。

<確認手順>
1. ブラウザを起動し、接続確認先のアドレスをブラウザのアドレス欄に入力してください。
2. アドレス帳が表示される場合は、いいえを選択してください。
3. 画面上にプロパティが表示された場合は、LDAP接続確認に成功しています。
3. 電子入札システムを利用するために必要な設定を行おうとしたところ、設定する項目やボタンが表示されません。
セキュリティ設定等が社内で集中管理され、変更が行えないように制限がかけられていると考えられます。
設定状況の確認や変更については、システム管理者にご確認ください。

 

【WEB版チュートリアル】

1. チュートリアルの操作時に、次の画面が開かない、または開いても一瞬で閉じてしまいます。
Internet Explorerのポップアップブロック機能が動作していることが考えられます。
電子入札システムご利用端末の設定と確認の「3.1 ポップアップブロック機能対応方法」を参照し、設定を行ってください。
2. チュートリアルでPIN番号を入力後にチュートリアルエラーメッセージとして「入力に誤りがあります。内容をもう一度確認して入力しなおしてください。」と表示されます。
チュートリアルエラーメッセージ
PIN番号入力時に「1234」以外を入力したことが考えられます。
チュートリアルでは操作ガイドに沿って操作を行います。そのため、本件の場合は操作ガイドで示されたPIN番号「1234」を入力する必要があります。
なお、チュートリアル操作ではICカードを使用しません。

 

【ログイン前】

1. ホームページの「電子入札システム 入口」/「接続確認 入口」ボタンをクリック後、「ページを表示できません」と表示されます。
原因として、下記の4つが考えられます。
1. 電子入札システム運用時間外に接続している。
2. ご使用の端末のブラウザやファイアウォール、ルータ等の設定で「https通信」が制限されている。
3. 暗号化方式「TLS」が無効になっている。
4. 端末が一時的に不安定になっている。

<対処方法>
1. 電子入札システム運用時間(9:00~18:00)に接続してください。
(土曜・日曜・祝日(振替休日含む)・年末年始(12/29~1/3)を除く)
2. 電子入札システムを利用するためには「https通信」の通過が必要です。
端末、ネットワーク環境の設定状況の確認や変更については、システム管理者にご確認ください。
3. 電子入札システムを利用するためには「TLS」の有効化が必要です。
操作手順の詳細は暗号化方式SSL3.0 の無効化についてをご参照ください。
4. Javaキャッシュクリア」と「ブラウザキャッシュクリア」を行い、端末再起動後に再度操作を行ってください。
2. 「利用者登録/電子入札」選択画面で、「利用者登録」/「電子入札システム」ボタン、または「説明要求」ボタンをクリック後、「このWEBページに問題がある為、Internet Explorerのタブを開き直しました」と表示されます。
Internet Explorerの互換表示設定が未設定です。
電子入札システムご利用端末の設定と確認の「3.3 画面崩れ表示への対応方法」を参照し、設定を行ってください。
3. 「利用者登録/電子入札」選択画面で「利用者登録/電子入札システム」をクリック後、別ウィンドウでJavaのダウンロード画面が表示されます。
原因として端末にインストールされているJavaの設定が影響していることが考えられます。

<対処方法>
電子入札システムではJavaのダウンロード画面を表示するような設定が行われていないため、Javaの設定状況を見直していただく必要があると考えられます。
Javaの設定についてはご利用の認証局へご確認ください。
4. 時刻表示画面で「Java(TM)は、最新のものではなく更新が必要なためブロックされました。」または「Java(TM)was blocked because it is out of date and needs to be updated.」と表示されます。
時刻表示画面エラー

時刻表示画面エラー
Internet Explorerの信頼済みサイトが未設定です。
電子入札システムご利用端末の設定と確認の「3.2 ダウンロード防止機能への対応方法」を参照し、設定を行ってください。
5. 時刻表示画面を表示した際に「Javaのバージョンは最新ではありません。」と記載されたポップアップ画面が表示されます。
Javaのバージョンは最新ではありません。
最新のJREへのアップデートを促す警告が表示されている状態です。
画面左下のチェックボックス「次の更新が利用可能になるまでメッセージを表示しません。」にチェックを入れ「後で」をクリックしてください。
6. 時刻表示画面で「Plugin tag OBJECT or EMBED not supported by browser.」と表示され、時刻が表示されません。
時刻表示画面エラー

時刻表示画面エラー
原因として下記の3つが考えられます。
1. 電子入札システム接続時に必要な端末設定(ポップアップブロック解除、信頼済みサイト設定等)が未実施または一部未設定になっている。
2. Javaが無効になっている。
3. ブラウザのActiveXフィルターが機能している。
(ポップアップ画面に「ActiveXコントロールのインストールがブロックされました」と表示されている。)

<対処方法>
1. 電子入札システムご利用端末の設定と確認」を参照し、設定を行ってください。
セキュリティ設定やネットワーク設定が社内で集中管理され、上記の設定が制限される場合もあります。
設定状況の確認や変更については、システム管理者にご確認ください。
また、セキュリティソフト、インターネットツールバー等によるポップアップブロック機能が動作しないよう、設定を行ってください。設定方法は各ソフトの提供元にご確認ください。
2. Javaが無効の場合、電子入札システム利用時に動作するソフトウェアが正しく実行されません。
電子入札システムを利用する際は、「Javaを有効」にする必要があります。
3. ActiveXフィルターが機能している場合、電子入札システム利用時に動作するソフトウェアが正しく実行されません。
電子入札システムを利用する際は、「ActiveXフィルターの解除」を行ってください。
7. 時刻表示画面で「Javaセキュリティによってブロックされたアプリケーション」または「デプロイメント・ルール・セットによってブロックされたアプリケーション」と表示され、時刻表示されません。
時刻表示画面エラー
原因として下記の2つが考えられます。
1. 稼働環境外のJREが動作している。
2. 例外サイトの設定が行われていない。

<対処方法>
1. 電子入札システム利用時に稼働環境の組み合わせのJREが動作しているかをご確認ください。
稼働環境外のJREが動作している場合は、電子入札システムが正常に稼働しません。
ご使用の端末に導入可能なJREのバージョンについては、ご利用の認証局へご確認ください。
2. 電子入札システムご利用端末の設定と確認の「4.2.1Java セキュリティブロックを解除する方法」を参照し、設定を行ってください。
本設定には認証局にご確認頂く内容が含まれますのでご注意ください。
なお、認証局の設定が未設定の場合は「デプロイメント・ルール・セットによってブロックされたアプリケーション」のエラーが表示されます。
設定後は端末の再起動を行ってください。
8. Javaセキュリティ警告の「実行」ボタン押下後、時刻表示箇所に赤い「!」または「白いスペース」が表示されます。
時刻表示箇所に赤い「!」または「白いスペース」が表示
原因として下記の3つが考えられます。
1. 稼働環境外のJavaが動作している。
2. Javaポリシーが正しく設定されていない。
3. 端末が一時的に不安定になっている。

<対処方法>
1. ご使用の端末のJavaのバージョンが稼働環境の組み合わせであるかご確認ください。
稼働環境外のJavaが動作している場合は、ご利用の認証局へご確認ください。
2. 初めて使用する端末、または電子入札システムを前回利用してから、OSの入替え/認証局提供ソフトの再インストール/JREの再インストールを実施している場合は、Javaポリシーの設定を行ってください。
設定方法については、ご利用の認証局へご確認ください。
3. Javaキャッシュクリア」と「ブラウザキャッシュクリア」を行い、端末再起動後に再度操作を行ってください。
端末再起動後も現象が改善しない場合は、認証局提供ソフトが正常に動作していないことが考えられます。
認証局提供ソフトの動作状況についてご利用の認証局へご確認ください。
9. PIN番号入力ダイアログが表示されません。
原因として下記の3つが考えられます。
1. 稼働環境外のJREが動作している。
2. Javaポリシーが正しく設定されていない。
3. 端末が一時的に不安定になっている。

<対処方法>
1. 端末のJREのバージョンが稼働環境の組み合わせであるかご確認ください。
稼働環境外のJREが動作している場合は、電子入札システムが正常に稼働しません。
導入可能なJREのバージョンについては、ご利用の認証局へご確認ください。
2. 初めて使用する端末、または電子入札システムを前回利用してから、OSの入替え/認証局提供ソフトの再インストール/JREの再インストールを実施している場合は、Javaポリシーの設定を行ってください。
設定方法については、ご利用の認証局へご確認ください。
3. Javaキャッシュクリア」と「ブラウザキャッシュクリア」を行い、端末再起動後に再度操作を行ってください。
端末再起動後も現象が改善しない場合は、認証局提供ソフトが正常に動作していないことが考えられます。
認証局提供ソフトの動作状況についてご利用の認証局へご確認ください。
10. PIN番号を入力後、何も表示されません。
原因として下記の3つが考えられます。
1. ポップアップブロック機能が動作している。
2. Javaポリシーが正しく設定されていない。
3. 端末が一時的に不安定になっている。

<対処方法>
1. 電子入札システムご利用端末の設定と確認に記載されている「3.1 ポップアップブロック機能対応方法」を参照し、設定を行ってください。
また、セキュリティソフト、インターネットツールバー等によるポップアップブロック機能が動作しないよう、設定を行ってください。設定方法は各ソフトの提供元にご確認ください。
2. 初めて使用する端末、または電子入札システムを前回利用してから、OSの入替え/認証局提供ソフトの再インストール/JREの再インストールを実施している場合は、Javaポリシーの設定を行ってください。
設定方法については、ご利用の認証局へご確認ください。
3. Javaキャッシュクリア」と「ブラウザキャッシュクリア」を行い、端末再起動後に再度操作を行ってください。
端末再起動後も現象が改善しない場合は、認証局提供ソフトが正常に動作していないことが考えられます。
認証局提供ソフトの動作状況についてご利用の認証局へご確認ください。
11. PIN番号入力後に、「APPLET-CRITICAL-(数字-19999)-実行エラーが発生しました。」と表示されます。
原因として下記の3つが考えられます。
1. ポップアップブロック機能が動作している。
2. Javaポリシーが正しく設定されていない。
3. 端末が一時的に不安定になっている。

<対処方法>
1. 電子入札システムご利用端末の設定と確認に記載されている「3.1 ポップアップブロック機能対応方法」を参照し、設定を行ってください。
また、セキュリティソフト、インターネットツールバー等によるポップアップブロック機能が動作しないよう、設定を行ってください。設定方法は各ソフトの提供元にご確認ください。
2. 初めて使用する端末、または電子入札システムを前回利用してから、OSの入替え/認証局提供ソフトの再インストール/JREの再インストールを実施している場合は、Javaポリシーの設定を行ってください。
設定方法については、ご利用の認証局へご確認ください。
3. Javaキャッシュクリア」と「ブラウザキャッシュクリア」を行い、端末再起動後に再度操作を行ってください。
端末再起動後も現象が改善しない場合は、認証局提供ソフトが正常に動作していないことが考えられます。
認証局提供ソフトの動作状況については、ご利用の認証局へご確認ください。
12. PIN番号を入力後、「OK」ボタンをクリックすると黒文字で「ログインに失敗しました」と表示されます。
ログインに失敗しました
原因として下記の4つが考えられます。
1. ICカードがICカードリーダに正しく挿入されていない。
2. ICカードリーダが端末に正しく接続されていない。
3. PIN番号の入力に誤りがある。
4. 端末が一時的に不安定になっている。

<対処方法>
1. ICカードをICカードリーダに正しく挿入して操作を行ってください。
2. ICカードリーダを端末に正しく接続して操作を行ってください。
3. 大文字、小文字、桁数などに間違いがないかを確認して正しいPIN番号を入力してください。
4. Javaキャッシュクリア」と「ブラウザキャッシュクリア」を行い、端末再起動後に再度操作を行ってください。
端末再起動後も現象が改善しない場合は、認証局提供ソフトが正常に動作していないことが考えられます。
認証局提供ソフトの動作状況についてご利用の認証局へご確認ください。
13. PIN番号を入力後、「OK」ボタンをクリックすると「デバイスが使用できません」と表示されます。
デバイスが使用できません
原因として下記の3つが考えられます。
1. ICカードがICカードリーダに正しく挿入されていない。
2. ICカードリーダが端末に正しく接続されていない。
3. 端末が一時的に不安定になっている。

<対処方法>
1. ICカードをICカードリーダに正しく挿入して操作を行ってください。
2. ICカードリーダを端末に正しく接続して操作を行ってください。
3. Javaキャッシュクリア」と「ブラウザキャッシュクリア」を行い、端末再起動後に再度操作を行ってください。
端末再起動後も現象が改善しない場合は、ICカードリーダに関連するソフトが正常に動作していないことが考えられます。
ICカードリーダに関連するソフトの動作状況について、ご利用の認証局へご確認ください。
14. PIN番号を入力後、「OK」ボタンをクリックすると「署名検証に失敗しました」と表示されます。
原因として、端末が一時的に不安定になっていることが考えられます。

<対処方法>
Javaキャッシュクリア」と「ブラウザキャッシュクリア」を行い、端末再起動後に再度操作を行ってください。
端末再起動後も現象が改善しない場合は、認証局提供ソフトが正常に動作していないことが考えられます。
認証局提供ソフトの動作状況についてご利用の認証局へご確認ください。
15. 電子入札システムの操作時、「APPLET-CRITICAL-(数字-10048)-画面操作時にエラーが発生しました。再度同じ操作をしてください。」と表示されます。
APPLET-CRITICAL-(数字-10048)-画面操作時にエラーが発生しました。再度同じ操作をしてください。
原因として下記の3つが考えられます。
1. ポップアップブロック機能が動作している。
2. Javaポリシーが正しく設定されていない。
3. 端末が一時的に不安定になっている。

<対処方法>
1. 電子入札システムご利用端末の設定と確認に記載されている「3.1 ポップアップブロック機能対応方法」を参照し、設定を行ってください。
また、セキュリティソフト、インターネットツールバー等によるポップアップブロック機能が動作しないよう、設定を行ってください。設定方法は各ソフトの提供元にご確認ください。
2. 初めて使用する端末、または電子入札システムを前回利用してから、OSの入替え/認証局提供ソフトの再インストール/JREの再インストールを実施している場合は、Javaポリシーの設定を行ってください。
設定方法については、ご利用の認証局にご確認ください。
3. Javaキャッシュクリア」と「ブラウザキャッシュクリア」を行い、端末再起動後に再度操作を行ってください。
端末再起動後も現象が改善しない場合は、認証局提供ソフトが正常に動作していないことが考えられます。
認証局提供ソフトの動作状況についてご利用の認証局へご確認ください。
16. 電子入札システムの操作時、「*.e-bisc.go.jp からのポップアップがブロックされました。」と表示されます。
*.e-bisc.go.jp からのポップアップがブロックされました。
ポップアップブロック機能が動作していることが考えられます。
電子入札システムご利用端末の設定と確認の「3.1 ポップアップブロック機能対応方法」を参照し、設定を行ってください。
また、セキュリティソフト、インターネットツールバー等によるポップアップブロック機能が動作しないよう、設定を行ってください。設定方法は各ソフトの提供元にご確認ください。
17. 「乱数値が不正です」と表示されます。
原因として、端末が一時的に不安定になっていることが考えられます。

<対処方法>
Javaキャッシュクリア」と「ブラウザキャッシュクリア」を行い、端末再起動後に再度操作を行ってください。
端末再起動後も現象が改善しない場合は、認証局提供ソフトが正常に動作していないことが考えられます。
認証局提供ソフトの動作状況についてご利用の認証局へご確認ください。
18. 「利用者登録/電子入札」選択画面の調達機関で「海難審判庁」を選択し、PIN番号を入力後、「OK」ボタンをクリックすると赤文字で「処理の受付が終了しませんでした。再度、同じ処理を実行してください。」と表示されます。
処理の受付が終了しませんでした。再度、同じ処理を実行してください。
海難審判庁は電子入札システムを運用していないため、該当のエラーが表示されます。

FAQ一覧

ページトップ



電子入札システム

電子入札システム入口

電子入札システム運用時間
9:00 ~ 18:00
土・日・祝日(振替休日含む)・年末年始(12/29~1/3)を除く

入札公告新着情報

入札公告新着情報入口

各機関ホームページ内の入札公告関連ページより、入札公告(公示)情報を参照できます。

保存データ表示ツール

ダウンロードはこちら

お手元に保存した過去の入札関連文書データ(申請書類等)を表示させるためのツールです。

ヘルプデスク

お問い合わせはこちら

TEL:03-3505-0514
9:00 ~ 17:00
土・日・祝日(振替休日含む)・年末年始(12/29~1/3)を除く

FAX:03-3505-2982

helpdesk@e-bisc.go.jp